ビジネスマン必読のメールマナー紹介サイト

>

あなたもしていない?よくあるマナー違反

これって駄目なの?メール表現の選び方

ビジネスメールでついつい使ってしまいがちですが、実はアウトな言い回しや表現をご紹介します。

最近増えてきている間違いとして、「○○各位 様」という宛名の書き方が挙げられます。
宛名を書く際に間違えてしまうことが多そうですが、「各位」は送り先の一人ひとりを敬う際に使われる表現ですので、「各位」の後には何もつけません。

お世話様です・ご苦労様です、といった表現もアウト。
敬意が欠けている表現で失礼にあたることがあります。
ビジネスメール、特に目上の方に送るメールでの使用は避けましょう。

「○○部長様」など、役職名の後に「様」をつけることはありません。
「総務課長 ○○様」といった使い方が一般的です。

○○させていただいております、というこの表現も使ってしまいがちですが、相手から許可が必要な時、または謙遜するときの言い回しです。
不必要な場面では使用をさけ、「○○しております。」といった表現に書きかえましょう。

どっち…?メールで迷いがちな表現

ビジネスメールを書く上で、これってどっちが正しいの…と迷ってしまった経験は誰でもおありではないでしょうか。
よくある迷いをなくすために、いくつかの表現を紹介します。

御社と貴社の使い分けで迷ってしまったことはありませんか。
書き言葉として使われるのは「貴社」です。
「御社」という表現はメール内では避けましょう。

当社、わが社、弊社の単語の使い分けも難しいところです。
「わが社」という表現は不遜な印象を与えてしまうことがあるので避けるようにします。
「当社」は客観的に自社を表現したい場合に、対外的に自社を表現したい場合に「弊社」を使用します。

役不足と力不足、最近話題になることが多い表現です。
役目に対して自分の力が及ばないと感じるときは「力不足」を使います。
「役不足」だと真逆の意味になってしまうので注意が必要です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ