公民館を作る時の工事

法律で定められている

社会教育法という法律で、市町村に公民館を建設するように決められています。
そして公民館では講習会やレクリエーションなど、様々なイベントが定期的に開催されていると思います。
地域で暮らす人の生活が豊かになるための施設と言えるので、公共工事と認められています。

災害が起こった時の避難場所として、公民館が指定されている地域も多いです。
いざという時に避難場所がわからないと、逃げ遅れてしまいます。
一瞬の迷いが災害時では命取りになるので、事前に公民館の位置や自宅からの行き方を調べておきましょう。
災害が起こっても、避難場所がわかっていれば冷静に避難することができます。
自分だけでなく家族とも、公民館の情報を共有しておきましょう。

うまく工事と付き合う方法

公民館は、みなさんの自宅近くにあるかもしれません。
そこで工事を行うことになると、日中はかなりの騒音がすると思います。
騒音被害がひどくても、必要な工事ですから文句を言うわけにはいきません。
必要な公共工事だと理解して、窓を全て閉めるなどの対策をするのが良い方法です。

また日中は、外出するのが良い方法です。
それぞれの工事によって時間が変わりますが、大体夕方の5時頃には終わるケースが多く、その時間帯に帰れば騒音被害は受けません。
日中はショッピングをしたり、図書館で過ごしたりすると良いですね。
会社から持ち帰った仕事を進めたい人は、レンタルスペースに行きましょう。
レンタルスペースなら静かですし、集中して仕事に取り組むことができます。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top